結婚や出産を機に仕事を辞め、一度は専業主婦になったものの、社会とのつながりを求めて、または経済的な理由などで再就職を望む女性も多いはず。
そもそも女性の社会進出が叫ばれ、大卒女性の数も非常に多い現在、一度は会社を離れた女性たちの高い能力を眠らせておくのは社会にとっても損失です。
是非さまざまな形で有効活用したいものですよね。

主婦が再就職を考える時、正社員なのかパートなのか、まずは自分に合った働き方を選ばなくてはなりません。
やはり安定感を求めるならば正社員という雇用条件は魅力的です。
昇給やボーナスがあり、有給休暇も取れ、社会保険も付きます。
これから出産を考えている女性や、将来的に親の介護問題なども考えると、育児休業や介護休業が取りやすいことも重要なポイントです。
その代わり、社員としての責任は重大ですし、フルタイムでの勤務、時には残業を求められることもあるでしょう。
いざという時に対応できるのか、家庭環境を中心に自分の現状を把握しておくことが肝心ですね。

もちろん、正社員になりたい!と思っても、すぐに正社員として雇ってもらえるとは限りません。
年齢制限や同業種の経験・資格などの厳しい採用条件に、応募さえ見送る主婦の話もよく聞きます。
でも、ここで諦めないで。
職場によっては、パートで始めた仕事であっても、職場での活躍が認められ正社員になった例もありますし、派遣社員や契約社員から正社員に登用されることもあります。
社会との接点が少なかった専業主婦としての年月を考えると、まずは少しずつパートやアルバイトを経験することで勘を取り戻し、ゆっくりと社会復帰していくのもひとつでしょう。

↓女性のための転職サポートサービスがまとめられています。↓
女性におすすめの転職エージェント18社を20・30・40代年齢別に比較

晴れて正社員になった場合も、常に自分のスキルアップを目指し、職場での良い人間関係を築いていくことが大切です。
兼業であれ主婦でもあるわけですから、パートナーの転勤・転職・失業、育児や介護などの突発的なアクシデントや中長期的な環境の変化などにも対応していかなければなりません。
困ったことが起きた時にも、快く仕事をサポートしてもらえる環境、周囲との信頼関係を日頃から作っておきたいものです。

会社にとって不可欠な人材であれば、在宅勤務や時短など、柔軟に対応してもらえることも正社員の魅力ですよね。

部長になった、とか、大きな契約を取り付けた、といった具体的な手ごたえでなくても良いのです。
周りの同僚から頼りにされる、家族の大きなイベントには有給休暇を取れる、ボーナスでお世話になった人に贈り物をするなど、小さな幸せを感じながら、仕事を続けていきたいものです。