仕事を探すには、地元の求人情報誌を見たり、ハローワークやアルバイトのサイトで職を探す、派遣会社に登録するなど様々なアプローチがあります。

いきなり正社員としてフルタイムで働き始める自信がなければ、パートからでも良いのです。
子供が幼稚園に行っている間に、週3~4日の短い時間で始めた仕事でも、小学校入学と同時にフルタイムに切り替える、正社員になるなど、本格的に働き始めることも可能です。

正社員になりたい場合でも、人材派遣会社を利用するのもおすすめです。
「紹介予定派遣」という将来的に正社員になることを前提とした派遣の形もありますし、
大手の派遣会社は福利厚生も充実しています。
またスキルアップのためのセミナーや通信講座も豊富で、フォローアップの体制も整っているからです。
最近はSEや医療関係など専門分野に特化した人材派遣会社も増えており、複数の派遣会社に登録して、自分に合った担当者と条件や希望などを密に相談しながら仕事を探すのも有効です。

マザーズハローワークも子育て中の主婦を対象にしているので、子供を預けて仕事探しや職業訓練の講座を受けることも可能です。

また、友人や周りの人に仕事を探していることを伝えておくと、求人誌には載っていないようなポストを人づてに紹介してくれるかもしれません。
また実際に働いている人から、職場の実情を聞けることもあり、自分に合うかどうかの判断材料にもなるでしょう。

子育て中の場合は、子供が1歳になったら、保育園に入れたら、小学校に上がったら…などの人生の転機が、実際の求職活動へ踏み出すきっかけとなるでしょう。
ぜひ早め早めに一歩を踏み出すことをおすすめします。
なぜなら主婦にとっての再就職は、年齢が上がれば上がるほど、ブランクが長ければ長いほど、ハードルが上がっていくからです。
ですから、将来再就職をしたいと考えている人は、ブランク期間中にできるだけ就職に有利な資格を取るとか、細切れでも良いので空いた時間にパートや在宅で働くなど、仕事をする感覚を忘れないようにしておきましょう。
単発でも良いので好きな接客の仕事をする、ボランティアでも良いので通訳ガイドをやってみる、やりたい仕事像を明確にして資格取得に励むなど、前向きなブランク期間にしたいものです。
たとえ家庭の事情ですぐに再就職を望めなかったとしても、長い目で見ればPTAや地域のの活動なども取り組み方によってはスキルアップに繋がります。
ブランク期間中も常にアンテナを張って、チャンスを逃すことなく再就職につなげる努力を続けましょう。